2005年11月08日

イカサマテクニック その問題点

ここからは建前無しで
嫌らしい現実的な問題を述べていきます。


前記事
イカサマテクニック スリーブ編 その1
イカサマテクニック スリーブ編 その2
イカサマテクニック スリーブ編 まとめ

用語解説
イカサマテクニック スリーブ編 専門用語解説



勝つ為に手段を選ばない。間違いなくこの手の人間はいます。
その手の人達にとってイカサマは勝つ為の手段で有り、
使う事に良心の咎めなんてのは有りません。
自分が勝つ為にはいかなる手段も困じる訳ですから。

かといって相手のスリーブの問題をねちねちとジャッジに報告し、
相手を蹴落としていく様なプレイをするのもどうかと。
この辺り非常に判断が難しい所です。

人の話を聞かない、理解しないプレイヤーにこの手の話をしても無駄です。
彼らは彼らの中で勝手なルールを作りそれに従い行動します。
そこには彼ら独自の論理感とモラルしかなく、自分の事しか考えていません。

またこれらのイカサマの温床となる環境も問題です。
一つに仲間優遇。外様の冷遇があります。
それを続けていると外様の人間は勝つ為の手段の一つとしてイカサマを選択しかねません。
また、イカサマユーザーを誰も非難しなく普通に相手していると、
自然にそのプレイヤーに勝つ為にイカサマが正当化されてきます。

また、2重スリーブ、傷無し問題にからむ点ですがマナーやカード扱いの問題も有ります。
相手のカードを勝手に乱暴に触る人がいるのが現実です。
時々見かけませんか?相手のカードを曲げようとしたり傷つけようとしている人を。

それらの状況からカードを守ろうかと考えると2重スリーブは保険としてやはり欲しい所です。
(反り対策にも微妙になりますし)
この問題は、元々カードに加工がされている遊戯王やDMでは特に大きな問題となります。


一番難しい事ですがモラルの無い人間にモラルを植え付けなくてはいけません。
それをやる為に、プレイ場所の環境を整えなくてはいけません。
そして、責任者は問題を起こす人間を追放する心構えが無くてはいけません。

・・・これだけの条件を満たした場所なんてあるのでしょうかね?
多くの場合プレイヤーが集まっているのはTCGショップです。
その場合、ショップはお客様を大事に基本的にしますので、客の追放という事は出来ません。
また、その場合、リーダーとなる人物はカジュアルプレイヤーで有るべきです。
トーナメントプレイヤーはそういう所に気を回したくないので、
トーナメントプレイヤーがトップをとっている場合、これらの問題は解決しにくくなります。

そういう人材が必要となってきますが、それだけ周りが見れて時間のある
カジュアルプレイヤーがいるかというと・・・難しい問題です。
それらの事に時間が取れるとは限りません。

となるとやはり大きく年代事で別れているプレイヤー層をまとめる
サブリーダー的存在が欲しくなるのですが・・・その様な人材も極めて少ない訳です。


うーんイカサマ問題への明確な回答というのは何でしょうかね?
現段階ではやはり発見次第ジャッジへの報告という手段しか
私は思いつきませんが、問題の根元はもっと根深い所にあります。
それらまで含んでどうこうする手段・・・意識改革をどう行うか。

これは延々と次なる世代を育てようと考える者にとっての課題なのかも知れませんね。



2005/07/09追加

過去の色々あったスリーブ関連の問題で思い出した事を一つ。

金銭的な問題でもあるという事。

社会人になってスリーブを使い捨てるのがもったいないという感覚が薄れていました。

安物のスリーブは弱かったり透明だったり薄手だったりとイカサマ流用しやすいですが、
子供達にとって、いわゆるイカサマに使用しにくいスリーブを数ヶ月で使い捨てと言う事は金銭的に難しい訳です。

約500円。遊戯王やDMなら3パック、GWやMTGでも2パック程の金額を使います。
それだけの価値があるという事を、理解されている方はいいですが、
子供達にそれを理解させるのは難しい訳で。
子供達はその点を指摘すると間違いなく「イカサマなんかしないよ〜」と言いますしね。

消耗品にそこまでお金をかける事が出来るのは
やはり有る程度、金銭的余裕のある人間だけになる訳です。

この辺りも問題に感じるのは、人を切り捨てられなく甘チャンな自分の問題点なのでしょうが。
posted by 東風 at 15:23| Comment(5) | TrackBack(1) | TCG全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宜しければこちらもどうぞ
ttp://www005.upp.so-net.ne.jp/logicwolf/magic/sleeves.html

今回のお話とてもためになりました。
スリーブ編以外はないのでしょうか?
ただイカサマは、あからさまなもの以外には、対処の仕様がないのがどうにも…
Posted by 通りすがり at 2005年11月08日 22:27
自分のよく行くTCGショップは、店員さんが、遊戯王をやってるので(しかも第一期からやってると言うヘビーユーザー)トランスロックの事や1ターン3分の持ち時間の事を教えると、遊戯王のユーザーが減るかも知れないと言って、トランスデッキ使用禁止にしてくれたり、色々な対応をしてくれるのでイカサマは出来ないです。
しかも、あまりにも客の態度が酷いと店から追放すると言う徹底振り^^っとこんな感じなので、かなり皆に人気のお店です。
Posted by 超超初心者 at 2005年11月09日 03:21
>>通りすがりさん
おおMtgでのスリーブ問題の記事ですか。
情報提供有り難うございます。

イカサマ関連の話はスリーブ編意外にもネタは有ります。
まとまり次第、記事を書いていこうかと思っています。
まずは、試合開始前までを重点的に書いていく予定です。

イカサマ問題は最終的にはモラルの問題になってしまうと感じているので
対策の具体案が出せないのが難点ですよね。

>>超超初心者さん
おお、良い感じのお店ですね。私もそう言う所は遠征したくなります。
そんなお店が大半だと安心出来る様にも思えますが・・・
結局そこで追放された人達は救えていない訳で。
その手の人達がより悪質なプレイヤーに変化しかねないのもまた現実です。
難しいものなんですよねぇ・・・
Posted by 東風 at 2005年11月09日 09:09
「バレなきゃイカサマじゃあねーんだぜ」
とは、某海洋学者の弁ですが。

低年齢(中学生以下?)層ならば「看破して恥をかかせる」が効果的だとは思いますが、高校生とかになれば口で言って聞かない人も増えるんでしょうかねぇ。
また、看破するってのも簡単では無い事ですし。
件のリーダープレイヤーになるべき人は、デッキ構築力やプレイングスキルばかりでは無く、人間眼といった物まで身に着ける必要も出てきますね。

まぁ僕は、イカサマでほんのちょっと良いカードを引いた所で、そんな物に頼っている人間が大したプレイングスキルを持っているとも思えない、という精神論で頑張ろうと思います。
Posted by kotobuki at 2005年11月09日 14:24
某海洋学者さんにイカサマ等をしようモノなら
指折られますから、あれは某海洋学者さん一人勝ちです(苦笑

言って解る子と解らない子がこの時点で明確に別れてしまうのですよね。
気付かずにやっている子にはフリープレイ時に気が付けば
「大会ではするなよ。」と言えますが、大会中にこっそりやる
人間はジャッジが目を光らせても限界が有りますし、全員のモラル向上が大事かと思います。

後は不正を許さない心ですか。
最近の子供は目の前でイカサマをされ、それがイカサマと解っても
相手が大人だったり、喧嘩が強いとなるとそこで黙ってしまいますからね。

リーダープレイヤーはまた色々言いたい事があるので、
これはこれで別に記事にしようかなと考えています。
個人的には、リーダープレイヤーにとっては構築力やプレイイングよりは、
リーダーとしての資質。指導者としての能力が大事だと思います。
(まあ、私はその辺り凄く怪しいので2番手大好きですけど(笑 )

イカサマスキル上げるぐらいならプレイングスキル上げた方が
よっぽどプラスになると思うのですけどね。
Posted by 東風 at 2005年11月10日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

優良記事の紹介(14)
Excerpt: ■SHADOW OF INFINITY[新情報] SHADOW OF INFINITY(遊戯王OCGカードのページ) SHADOW OF INFINITY カードリスト(遊戯王ハウス) SHADOW ..
Weblog: 遊戯王フロンティア
Tracked: 2005-11-14 19:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。