2005年11月08日

イカサマテクニック スリーブ編 まとめ

イカサマテクニックは日々進歩しています。
このblogに書いてあるテクニックが常に最新のテクニックだとは思わないでください。
また、自衛用の記事であくまでもイカサマプレイを推奨するモノでは有りません。


前記事
イカサマテクニック スリーブ編 その1
イカサマテクニック スリーブ編 その2



1.無地(表面に加工無し)
2.透けない
3.厚手(反らない)
4.傷無し
5.サイズが適切
6.非2重スリーブ
7.強度が高い



さて、個々に説明してきた上記の注意点。
皆さんいくつ心当たりがありましたか?

0なんていう嘘つきの人はダメですよ(笑
自分に正直になって下さい。
ちなみに私は1,5,6が当てはまっています(苦笑

最低でも1〜3、多い人だと全部当てはまる人がいると思います。


スリーブイカサマの一番の問題点は、
皆さんがこれらを問題だと気付いていないと言う点なのです。


だから、相手がスリーブイカサマをしても気付かないのです。

そして、スリーブイカサマはTCGにおけるイカサマの入り口にしか過ぎません。
まだ、対戦相手と向かい合っていない状況です。


ですが、ここまでの事を注意してスリーブを選定すると選択肢が殆どありません。
そんな状況でプレイをすると、今度はどのカードが誰の?という問題が浮上しやすくなります。
これは気をつけるぐらいしか回避する手段は有りません。

また、常時これだけの事を気を配れと言うのは実質不可能です。
ですから、せめて公式大会や遠征時ぐらいはこれらを意識してはどうでしょうか?

また、普段は今までのスリーブで問題無いですが、
公式大会や遠征時ぐらいは専用スリーブで上記条件を満たし、
相手の方にいらない疑念を持たせない様にする心構えも大事かと思います。


これらの問題が相手側プレイヤーにあった場合、
注意をしたりジャッジに報告するのが良いでしょう。
また、各ジャッジの方はこれらの事が問題になりうるスリーブだと理解し、
必要があるなら大会開始前に事前にスリーブチェックをさせる等という事が大事だと思います。

普段のプレイから気付いた時は、自分で直す
もしくは周りが悟らすという事をしておけば自然にこういう問題は減ってきます。


個人的オススメスリーブは
MTG、GWサイズ:KMCカードバリアー マットシリーズ、HJ社のギャザスリーブ
遊戯王サイズ:KMCカードバリアーミニ
posted by 東風 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TCG全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。