2005年11月08日

イカサマテクニック スリーブ編 その2

イカサマテクニックは日々進歩しています。
このblogに書いてあるテクニックが常に最新のテクニックだとは思わないでください。
また、自衛用の記事であくまでもイカサマプレイを推奨するモノでは有りません。

前記事
イカサマテクニック スリーブ編 その1




5.サイズが適切

スリーブはメーカーによってサイズに少々の差があります。
なるべく使用しているカードに少々きつめなぐらいでフイットするモノが
好ましいスリーブですが・・・

余白や隙間の多いスリーブはイカサマを容易にさせます。
遊戯王等小サイズのTCGを大型スリーブに入れて運用するのもイカサマにつながります。


余白が左右に有る場合、特定のカードだけ逆方向に寄らす等の事をすれば容易に
特定のカードを認識出来ます。
上下左右どの方向にでも余白が多めならこれは可能となります。

スリーブのサイズが適切でない場合、カードが中からずり落ちる可能性がある訳ですが
これらを利用してのイカサマが存在します。

スリーブのサイズが適切でない場合、使用しているとスリーブに傷が入ってきた時に
傷に偏りが出てきます。
となると通常のプレイしている場合より、
スリーブの劣化が激しい上にマークドスリーブとなりやすくなります。

スリーブはサイズが適切なモノを使用する。


6.非2重スリーブ

光り物のあるTCGでは割と一般的な手段であるカード保護方法。2重スリーブ。

ですが、2重スリーブは容易にイカサマ運用を可能としてくれます。

2重スリーブのパターンは基本的に二つです。
色つきスリーブの上に、透明スリーブをかぶせる。透明スリーブの上に色つきスリーブをかぶせる。
の2種類が最も多いパターンですが、特に色つきスリーブの上に、透明スリーブをかぶせる手段は色々仕込めます。

1例ですが2重スリーブという時点で、
・カード正位置、スリーブ1正位置、スリーブ2正位置
・カード正位置、スリーブ1逆位置、スリーブ2正位置
・カード正位置、スリーブ1正位置、スリーブ2逆位置
・カード正位置、スリーブ1逆位置、スリーブ2逆位置
というパターンがスリーブの組み合わせで可能となります。
これにそのTCGのカードの種類を組み合わせると・・・
多くの場合そのカードのスリーブの状態でどのカード種類かが判明する事になります。

自分がイカサマをすると考えた場合、極めて便利な仕組みになります。
この問題の一番の難点は、それをイカサマと突っ込まれた場合に回避手段が有ると言う事です。

1例ですが・・・「あーごめんごめん。いじった時に間違えちゃった。じゃあ直すよ」こういう回答です。
また、2重スリーブはカード保護という面では優れた手段の一つですので、
2重スリーブでなければカードが痛むという事を前提に自分のイカサマを誤魔化す事が可能です。

これらの問題を無くす為に、

2重スリーブはしない
(この問題は他の問題も抱えているので難しい所ですが)


7.強度が高い

これはメーカーによって結構差がでてくる事なのですが、
強度が弱いスリーブは直ぐに裂けたりして、代えのスリーブが必要となります。
その場合、予備のスリーブへと替えなくてはいけない訳ですが・・・

使用頻度の差があるスリーブはマークドスリーブと見られます。

自然にそうなっている場合が多いのですが、これも注意すべき事です。
強度の低いスリーブ故におきやすい事ですが、これをメーカーの問題だと問題をすりかえ、
自分のマークドスリーブを正当化してくる人物もいます。
これらは、本当にどうだったか判断する基準がありません。

この様なトラブルに巻き込まれない様にする為にも、
スリーブは予備が入っており強度の高いモノを使用する事をオススメします。
この問題は厚手のスリーブだから起きにくいと言う事は無く、単純にメーカーに依存しています。

またどの様なスリーブを使用してもこの問題は起きるので、
予備のあるスリーブを順番を決めローテーションで回し、痛み具合を均一にするか、
スリーブが一枚でもダメになった場合、全て取り替えるかです。

また、自分のデッキで使用しているスリーブを全て統一化する事によりこの問題を
回避しやすくは出来ますが、逆に異なるデッキにカードが混入しています問題が
浮上しますので、オススメはしません。

強度の高いスリーブを使う。


次の記事でまとめます。
posted by 東風 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | TCG全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。