2006年10月06日

ソニーオワタ

BD対応レコーダー ソニー製品の性能に業界内で失望感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061005-00000005-maip-bus_all


ソニーが3日発表した次世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」対応レコーダー(録画・再生機)の性能に、
電機業界内で失望が広がっている。DVDディスクへの録画容量が25ギガバイト(ギガは10億)しかなく、
同じBD陣営の松下電器産業が11月に発売する商品はもちろん、
対立するHD−DVD規格の東芝の商品にも見劣りするためだ。
次世代DVDはディスクを大容量化して、現行では不可能なハイビジョン番組を録画するのが特長だっただけに、
中核技術で差をつけられた形だ。リチウムイオン電池の回収で品質面での信頼低下を招いたのに続き、
期待の大型商品をめぐる技術力にも疑問符が付いた。




ヤバイ。ソニーヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
まず技術力低下。もう低下なんてもんじゃない。技術力落下。
技術力が落ちてるとかっても
「技術者20人ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろブルーレイで松下に遅れをとる。スゲェ!なんかプライドとか無いの。自社で規格作ったとか感動度とかを超越してる。
しかもリチウム電池不具合の原因を社内で追究できないらしい。ヤバイよ、原因特定できないんだよ。
だって普通はメーカーとか原因特定できるじゃん。だって自分でのつくったものなのに分かりませんってったら困るじゃん。第三者機関が調査とか困るっしょ。
リコール費用が増えて、最初のとき300億だったのに、いつのまにか500億とか泣くっしょ。
だからメーカーは不具合起こさないし、起こっても原因特定する。話のわかるヤツだ。
けどソニーはヤバイ。そんなの気にしない。不具合しまくり。「もうリコールはありません」と言った直後にリコール追加するくらい不具合。ヤバすぎ。
不具合っていたけど、もしかしたら仕様かもしんない。でも仕様って事にすると
「じゃあ、自主交換プログラムってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超PS3。投資額約5000億。ヤバイ。寒すぎ。CELLを液晶テレビに搭載する暇もなく死ぬ。怖い。
それに超韓流。超サムスン。それに超売国奴。経産省の警告を平気で無視する。国の警告を無視て。小学生でもやらねぇよ、最近。
なんつっても宇宙はGKが凄い。不具合とか平気だし。
うちらなんて不具合とかたかだかちょっと出てきただけで危ないから回収したり、品質向上してみたり、経営陣入れ替えたりするのに、
ソニーは全然平気。大半の不具合を仕様のままGKが煽ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、ソニーのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイソニーを出て行った技術者たち超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。
posted by 東風 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。