2005年12月15日

Microsoftの最新パッチ不具合でSUSに支障

Microsoftの最新パッチ不具合でSUSに支障

 Microsoftが12月13日にリリースした最新セキュリティパッチの不具合が原因で、
Software Update Services(SUS)にマイナーな問題が生じる可能性がある。
Microsoftによれば、最新アップデートにより、
このサービスを使っている管理者が過去に承認済みだった
ソフトウェアアップデートのステータスが変更されてしまう可能性がある。



どう考えても初歩的な問題にしか思わない問題ですが。
この辺りがMSクオリティー。
posted by 東風 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。